ファインネットワールドは、 コーチングやセミナー・ワークショップを行う京都の会社です。

赤木ストーリー1

コーチを目指す方にどうなって欲しいのか、その想いを語りました

コーチを目指す方への想いを語りました

株式会社ファインネットワールド代表の赤木が、プロコーチとして独立してから、現在に至るまでのストーリーです。

会社員時代から、プロコーチ独立するまでの軌跡は、赤木ストーリー2でご覧いただけます。

第1の転機 ~ クライアントがコーチングを受ける真の理由 ~

コーチングの伝道師として

6年間のサラリーマン生活にピリオドを打ち、プロコーチとしての活動を始めたのは、2001年4月のことでした。

 『コーチって、どんな仕事ですか?』

名刺を渡すたびに、こう聞かれました。

当時は今以上に、コーチやコーチングというものが知られてなかったのです。

一人でも多くの人にコーチングに興味を持ってもらうよう、積極的に人と関わってきました。

名刺交換も活発に

色々な交流会にも顔を出し、その勉強会で、コーチングについてお話させて頂くこともありました。

また、自らもコーチ同士や同じ志を持つ仲間たちとの勉強会を立ち上げたりもしてきたのです。

その頃は、「コーチングの伝道師」のような気持ちでした(笑)

 

最初は、スクールで学んだコーチングをそのまま行う

地道な活動が実を結んできたのでしょうか、少しずつクライアントも増えはじめました。

そして、2003年には、事業収入が1千万円を突破したのです。

これまで、セミナーの開催や教材販売、コーチのコミュニティ運営といったことも手掛け、仕事の幅を広げてきました。

しかし、あくまでも私の原点は、個人を対象にしたマンツーマンコーチングです。

それはずっと変わることはありません。

 


 

経験を重ねるにつれ、私のコーチングのスタイルも変わってきました。

  • ゴール(目標)を自分で決め、そのために今どうしたらいいか
  • クライアント自身が考え行動する。コーチはそれを促す

最初は、スクールで学んだコーチングをそのまま、提供していました。

確かに、定期的にコーチングセッションを重ね、ゴールに向けての行動を続けていくと、大抵は目標を達成できます。

それこそが、クライアントさんの望みだと思っていました。

頑張ります!

目標に向けての意欲を口にし、「今度はコレをやってみます」と意気揚々に宣言するクライアントさん。

しかし、実際にはなかなか行動に移せなかったり、行動に移そうとすると、何か障害が起こってしまう人もいました。

達成したいと思う目標はあるのに、どうしても体が動かない。

コーチングは目標達成を約束するものではなく、それについては自己責任ですが、それでも、私の釈然としないモヤモヤ感は消えません。

 

確かに達成できたけど、思ったより嬉しくないんだよね

さらに、私の迷いを深める出来事が起こりました。

「確かに達成できたけど、思ったより嬉しくないんだよね」

目標を達成したクライアントさんが ぽつりとつぶやいた言葉です。

がくぜんとしました。

その時は、冷静に受け答えしたと思うのですが、ショックを隠しきれませんでした。

コーチとしてやっていく、そんな自信さえも揺らぎ始めたのです・・・

 


 

頭を抱える

私のコーチングに 何かが欠けているかもしれない。

そのことは・・・私自身、あまり認めたくなかったことでしたが、目をそらすことはもうできませんでした。

 「売上を上げたい」 「社員とのコミュニケーションを良くしたい」

クライアントさんがコーチングを受ける理由は色々あるけれど・・・ 突き詰めていくと、本当はどんな理由があるのだろう?

そのことを、コーチングを続けるうちに気づいたのです。

 

クライアントさんの根源的なところと向き合う

「こういう目標があるので、それを実現したいんです」

そう話してくれたクライアントさんに、「では、まず、何をいつまでにすればいいと思いますか?」と、それまでの私は問いかけていました。

しかし、今は違います。

「その目標を達成することは、あなたの人生にどんな影響がありますか?」

「周りの人たちに、何を分かち合うことができますか?」

 

そんなこと聞かれるとは思わなかった・・・

言葉に詰まるクライアントさんもいます。

「周りに認められたいから」

「これぐらい売上がないと格好悪いから」

そんな他人の評価や世間の価値観といったところから目標を設定する人もいます。

しかし、それだけだと達成しても、本当には嬉しくないですし、それどころか、達成すればするほど、本当に実現したい人生から遠ざかってしまいかねません。

 

「本当に心から望む人生を実現したい」

そう思うからこそ、クライアントさんは、コーチングを受けてくださる。

私は襟を正して、クライアントさんの根源的なところと向き合いました。

ひまわりのように

  • クライアントさんの大切にしていることは何か?
  • 何がクライアントさんをイキイキさせるのか?
  • クライアントさんの人生観や人間観は?
  • クライアントさんのビジョンやミッションは?

 

それでも、分かりやすい成果をすぐに求めるクライアントさんもいます。

しかし私には、もう迷いはありません。

  「本来の自分に気づき 本来の人生を生きる」

これは私が独立当初に作り出した弊社ファインネットワールドのミッションですが、このミッションに私のコーチとしてのこだわりが現れています。

それは今も、少しも変わってはいません。

※ 私のコーチとしてのポリシーは、「コーチとしてのポリシー」を、ご覧下さい。

 

第2の転機 ~ 一人だけでコーチングを続ける限界 ~

メンターコーチングを始めたきっかけ

自分が本当に提供したいことが見えると、不思議とクライアントさんも増え、2004年にはついにクライアントさんが30人を超えました。

あるときは、朝7時から夜の11時まで、1日に12人のクライアントさんを立て続けにコーチングしたこともありました。

けれども、それが限界でした。

 

「これ以上、クライアントさんをコーチングすることは無理だ・・・・」

それは、私に次のステージに移るときが来たことを知らせる合図だったのです。

「自分一人では、直接コーチングできるクライアントさんは30人がもう限界だ...」

「でも、自分と同じようにプロコーチとして活動する人が増えたらどうだろう?」

「もし、一人のコーチが5人のクライアントを持ったとしても、コーチが10人いれば50人の人がコーチングを受けられる」

「コーチが20人だったら、100人の人がコーチングを受けられる!」

 

「そうだ、これからは自分と同じようにプロコーチとしてやっていく人を増やしていこう!」

そうして、私はこれまでどおり、様々な職業・立場の方々へコーチングを行うだけでなく、プロコーチを目指す人へのコーチング、メンターコーチング(プロコーチ養成コーチング)をやっていくことを決めたのです。

 

宝物を持っているのに この人は気づいていない!

プロコーチとして活動を始めてから12年が経ち、メンターコーチとしてやっていく、そう決意してから7年の月日が流れました。

この間、50人以上のプロコーチを目指す人にメンターコーチングプログラムを提供してきました。

10人~20人のクライアントを安定して持てるようになったコーチ、独立して間がないけれど、講演や企業研修の依頼が来るようになったコーチ、中には、たった3ヶ月で30名を超えるクライアントを持ったコーチもいました。

プロコーチとして活動していくためには、コーチングスキルを磨くことは必須です。

同時に、あなたという存在を、クライアント候補の方にどのように知ってもらうか、というマーケティング的な活動も求められます。

メンターコーチングでは、単にコーチングするだけでなく、そのコーチにあった仕事のやり方も、一緒に考えていきます。

例えば、マンツーマンのコーチングが力を発揮できるのか、それとも、研修やセミナーなど、大勢の前のほうがエネルギーが湧いてくるタイプなのか。

また、誰に対して、どんなテーマでコーチングしているときに最もイキイキしてくるのか。

など、

そのコーチの特質、能力、過去の経験などを、どう表現していくことが、そのコーチにとっても、コーチングを受けるクライアントさんにとっても、いい結果につながるかを質問したり、フィードバックしたりしながら考えていきます。

そうして、メンターコーチングで関わったコーチが、多くのクライアントさんにコーチングを提供し、プロとして活動していくのを見るのはとても嬉しいです。

しかし、それ以上に、

「こんな宝物を持っているのに この人は気づいていないんだ・・・ なんて、もったいない!」

才能の光

そう感じた瞬間、そのことを相手に伝えると、声のトーンが上がり、顔の表情がパッと明るくなり、イキイキと輝いてくる。

これは、コーチの方々に限らず、どんなクライアントさんとコーチングしていてもですが、この瞬間が、やはり最も嬉しいですね!

これからも、

自分の中に眠っている宝物に、まだ気づいていないなんて、とってもとってももったいない!(今、このメッセージを読んでいるあなたのことですよ!)

そんな想いを持ちながら、自分の中にある素晴らしい宝物に気づいてもらい、その宝物を世界に表現していくサポートをコーチングを通して、提供し続けていきます。

メンターコーチングのお問い合せはこちらから

 

会社員時代を経てプロコーチへと独立するまでの軌跡は、赤木ストーリー2でご覧いただけます

 

お気軽にお問い合わせください。 TEL 075-951-6310 10:00~18:00(土・日・祝日除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 2016 株式会社ファインネットワールド All Rights Reserved.