お客様の声

Customer's Voice

コーチングハンドブック読書会

I.Fさん(女性)

私の場合、事前に読むのではなく読書会の時間に集中して(しかも他の方も同時に一緒に読んでいるのでそのエネルギーもあるのか?)読むので、「あれっ!?」と意識に止まる箇所、なぜだろうと疑問に感じる箇所がよりクリアになる気がします。
なので、皆さんが前読みをされていますが、私の場合読んでもおそらく流してしまい、当日も「知っているわ」と新鮮な目で読めなくなりようなので、今後もリアルタイム読みにこだわってみようと思います。

そして、読書会後に最後まで読みましたが、その最後のコラム6に、~「前向きな選択肢」が選択肢ではなく、「選ばなければならないもの」に変わってしまっている人もいます。~とあり、かつてはこれにはまっていたのではないか!?と感じました。
「現実を変えなければならない」「次元上昇しなければならない」と。

本文中の「大事なのは適切な選択をすることであって、前向きな選択をすることではないのです」
これが、コラムでひっそり書かれていますが、実はコーチとしてとても大事な心構えであり、狭めた選択肢で選ばせることの怖さ(コーチはそれを正義、良いこととしてやっているかもしれないが)を射抜いている言葉かと感じます。

H.Eさん(女性)

今回も勉強会に参加させて頂き、有難うございました。
欠乏感から願望を目指す時には、欠乏感の方が実現してしまう、という仕組みを知ったことで、頭の中のイメージや使う言葉をプラスに持っていくことの重要性を改めて感じました。
整理収納アドバイザーの仕事を始めた頃は、まだ子供の段階だったので、セルフ2で動けていましたが、仕事の経験を積むことにプログラムが増えて、セルフ1で動く自分になってきていました。でもこれは大人の段階になってきたと言うこと。

「プログラムはしんどいけど、悪いものではない、膨大なエネルギーが出る内的会話がなかったら、最高のちからは発揮されない。欠乏感は悪ではない。どうやって満たすのか、それをしていく。プログラムが外れた時は、圧力鍋の蓋がポンと取れた時のようで、その時に最高の力がでる」、というあっきーさんの言葉を聞いて、プログラムを持つこと自体は必要なことだと受け止めることができました。

コーチングの実践は、プログラムを解放することにも繋がるということが書かれていて、コーチングを行なって、視点が変わった、見方が変わったと聞くのは、こういうことであったかとも思いました。BeingとDoingを学びましたが、テキストに、まさに準備は「心理的準備」→「物理的準備」の順に行う、と書いてあり、力を発揮するためには、心理的準備が改めて大切だと認識しました。
今は、ベクトルが自分に向きまくっていますが、心理的準備の段階だと思うと、前に進む大切な時期なのだと思えるようになってきました。

O.Tさん(女性)

今回印象的だったことは、
事前に本を読んだ時に感じたこと、気づき、振り返ったことと
読書会で本を読む時間に感じたこと、気づき、振り返ったことが 全く違っていたことでした。

事前に読んだ時の気づきは、その時に自分の中で腑に落とすことができ、読書会の時には既に過去のものになっていたように感じました。
読書会に継続して参加させていただいていますが、私自身の「状態の整い方」は毎回違います。
「良いことを言わなくてはならない」その他の多数のプログラムと同一化している時には内的会話が活発になり、そういう時は事前に読んで気づいたこと、メモしたり線を引いたことを一生懸命使って話そうとしています。

今回は、たまたま脱同一化できていたのか、「今、ここ」に集中して読めました。内的会話が少なく静かでした。そうすると、事前に読んだ時とは違う感想が湧き起こり、それをシェアしました。
P247の図に、「最高の力を発揮している状態」と「能力が低い状態」の比較が載っていますが、自分の体験を通してあらためて理解できました。

「たまたま」を「意識的に」最高の力を発揮するとは?
「たまたま」を「意識的に」自分らしく生きられる時間を増やすとは?
大切な空白として、これからも持ち歩きたいと思いました。
貴重な学びができる場を作ってくださり、いつもありがとうございます。

O.Rさん(女性)

目標達成や高いパフォーマンスという単語が並ぶと、それに相応するもの、ふさわしいことは何かとつい考えてしまう。すでにその時点で自分にとって「ハードル」が高いものが並ぶ。
人前でうまく話す…。スポーツでよい成績を残す…。ピアノを上手に弾く…。思い通りに生きる…。
これまのでの人生でうまくいったこともあるけれど、失敗もいっぱいしてきたこと。挫折感をいっぱい味わってきたこと。
でも、その中に「自販機でジュースを買う」「券売機でチケット買う」こんなことも入れてよいのだ、と思うとチョット救われる感じがする。それと同時に、あまりに当たり前すぎて(無自覚過ぎて)、私が求めているのは、私が達成しているのはこんな簡単な話ではないんだ…という抵抗が生まれれるのも正直なところである。
それほど、やれてきたことを忘れている自分がいて、ハードルの高さばかりを感じている自分がいる。人生そのもののハードルを下げないと、水面でアップアップしている金魚のように息苦しい。自分への信頼なんて、本当はそんな高いハードルを越えないと得られないような大層なもんではないはずだ。越えなくても越えてもどっちにしても生きているだけでいいじゃないか…と目標達成という言葉すらすごく「無機質」なものに思える時がある。これが今のフラットな感想である。
欠乏感を悪者にせずベクトルを変えること、そして何よりも「自分自身が何に対して欠乏感」を感じているのか…そこに人生のテーマが隠されているという最後の一言が印象に残った。

Y.Mさん(女性)

皆さんの体験談をお聞きしていると、うまくいかない時期の大切さがよくわかります。それが自分のこととなると、早く楽になりたい、サクサク前に進みたいと焦り、逃げ出したくもなります。「今の自分は圧力鍋で圧をかけている状態」というのがしっくり来ました。溜め込んでいるエネルギーが、いつか必要な方向に進むエネルギーになりますように。
それから、欠乏感は悪いものでも良いものでもなく、生理現象みたいなもの、そして自分のプログラムに気づくヒントになるものだというお話で、またひとつ自分にOKが出せました。
いつもありがとうございます。

TOP
Copyright © ファインネットワールド All Rights Recerved.