お客様の声

Customer's Voice

コーチングハンドブック読書会

K.Nさん(男性)New !

第1章 25ページを最初(2020/08)に読んだ時は、これほど、重要な章であることを感じませんでした。
しかし、今回、読書で自分で読み、皆様のお話を聞かせていただき、いろいろなことを考えることができ、第1章の重さを感じました。
今後、コーチングをする際には、上記の点を気に書けつつ、「どんな問い(自問自答)がその人の中でおきているのだろう?」と自分自身に問いかけてみたいと思います。

K.Aさん(女性)New !

今年もありがとうございました。
焦点化と空白
昨年全く響かなかった章がここまで刺さるとは。
何年も続けていらっしゃっても新鮮なのがほんの少し感じれた気がします。
グループで読むって深いことですね。
欠かさず参加できるよう努めます。
ありがとうございました。

K.Nさん(男性)New !

11月と12月の2回に参加させていただきありがとうございました。
自分だけで読んでいては気が付かないようなことを多く気づくことができ、多くの学びを得ることが出来ました。
ありがとうございます。
再度、通しで読んでみたいと思います。

Y.Mさん(女性)New !

本を集中して読む機会を頂き、それプラス自分が発言すること、周りの方の発言を聞けること、アッキーさんのお話が聞けること、沢山の収穫がありました。
これでほぼ3周の読書会が終わり、それでもこの本は難しいなぁ、と思います。自分の体験と重なった時に、理解が深まるように感じます。

H.Sさん(女性)New !

第12章は、ボリュームがあって読みごたえがありました。
グループディスカッションで、文章の内容の話よりも、実際のコーチングの話と繋げて話ができたのがとてもよかったです。特に初めてのクライアントにどう関わるか、どのようにコーチングしていくかの中で、コーチの在り方について話が深まりました。
クライアントとのやり取りがうまくいかない、と思っているのは、コーチ側がプログラムにとらわれている時でもあり、実際はクライアントはそう思っていない時もある、というような、実践での経験のシェアは、ありがたかったです。
いずれの話も、第12章に関係しているので、総まとめの章なのだなと改めて思いました。

TOP
Copyright © ファインネットワールド All Rights Recerved.