お客様の声

Customer's Voice

コーチングハンドブック読書会

K.Aさん(女性)

非常に刺激を受けました。
事前に拝読し当日黙読する中、自分があまりスキルに意識を置かなくなってることに気づきました

みなさんの感想や質問を聴きながら
質問もしてるのかしてないのか、セッション中、間違いなく何かを意図してるはずなのだけど顕在化してない

以前は「どういう質問しようか」とか戦略を頭で描きながらやってたけど、今は目の前の人を見て感じて聞こえたことをそのまま返す、をやってること、それもとても機能していると思ってますが、一歩前進することができるように思います。

自分がどんな焦点を持ってるか空白を持ってるか
それによって描く世界が変わる
するとクライアントさんへの質問も変わる
どんな自分でどんなクライアントさんとして関わるか
とても大事
ありがとうございました。

Y.Mさん(女性)

自分の人生で、何に焦点を当てて生きているか、という問いが心に響きました。
今までの私は過剰に「人にどう思われたか」に焦点が当たっていて、無駄なエネルギーを使っていました。今後は気づいたら、意識的に手放していこうと思います。ひとつしかない焦点をどこに向けるのか。これはクライアントさんに対しても、また自分に対しても、最重要な問いのひとつだと思いました。

I.Fさん(女性)

  • 今回疑問に感じた「『高度な集中状態』がどういうものか?」が明らかになったこと。
  • 自分自身の事としては、「仕事」と「学び」が圧倒的上位に来ていた(ある意味自分自身よりも上位)事に読書会の間に気づき、「仕事」も「学び」も自分の要素(人生・生活等)の一つである事、それらの要素の上位に自分が位置付けられるのだと気付いた
  • 「ミッション」「使命」も、読書中は「ミッションを持たないといけない。持つべきもの」という印象があり、先日ある方の「自分を苦しめるような理想なら持たない方が良い」との言葉に救われた事も思い出しながら読んでいたところ、苦しむようなミッションは「セルフ1」からのミッションなのだろうな、と感じました。
    よくあるセミナー等での「ミッション宣言」みたいな場で語られるものは、「偽ミッション」である事も多いのでは?とも感じた次第です(ある意味、人生に、意味だの使命だの目的だの言い過ぎるのもどうかなと。ただ毎日1日をしっかり過ごす事の積み重ねでも良いのではないか?とも思います)

K.Yさん(女性)

初めてで最後の回でしたが、内容は馴染みのあるものでしたのですーっと入ってきました。
全く読んだことのない本でしたが、とても深い内容を扱っていると感銘を受けました。
是非じっくり読みたい本だと思いますので、来年度は最初から読書会で読めるとよいなーと思います。

I.Fさん(女性)

私の場合、事前に読むのではなく読書会の時間に集中して(しかも他の方も同時に一緒に読んでいるのでそのエネルギーもあるのか?)読むので、「あれっ!?」と意識に止まる箇所、なぜだろうと疑問に感じる箇所がよりクリアになる気がします。
なので、皆さんが前読みをされていますが、私の場合読んでもおそらく流してしまい、当日も「知っているわ」と新鮮な目で読めなくなりようなので、今後もリアルタイム読みにこだわってみようと思います。

そして、読書会後に最後まで読みましたが、その最後のコラム6に、~「前向きな選択肢」が選択肢ではなく、「選ばなければならないもの」に変わってしまっている人もいます。~とあり、かつてはこれにはまっていたのではないか!?と感じました。
「現実を変えなければならない」「次元上昇しなければならない」と。

本文中の「大事なのは適切な選択をすることであって、前向きな選択をすることではないのです」
これが、コラムでひっそり書かれていますが、実はコーチとしてとても大事な心構えであり、狭めた選択肢で選ばせることの怖さ(コーチはそれを正義、良いこととしてやっているかもしれないが)を射抜いている言葉かと感じます。

TOP
Copyright © ファインネットワールド All Rights Recerved.