ファインネットワールドは、 コーチングやセミナー・ワークショップを行う京都の会社です。

コーチングハンドブック読書会

次回開催が決まり次第、本サイトにてお伝えします

2016年に出版された、NLPラーニングの山崎啓支さんの著書「コーチングハンドブック」に関する読書会を行っております。

本書は、「聴く」「質問する」といったコーチングスキルの説明だけにとどまりません。

そのスキルが最も効果的に使えるために知っておくべきこと、つまり人間についての理解にまで言及した渾身の書です。

コーチングの場面だけでなく、日常で人と接するときに本書は非常に役に立つので、より活用してほしいとの願いから読書会を企画しました。

 

読書会イメージ

この読書会は月に1~2回、主にオンライン(インターネットを利用)で開催してますが、参加者が一同に集まっての読書会も不定期であります。

読書会ですので、本書をご購入頂いてからご参加いただくのが条件です。

ただし、400ページ近くある本書すべてを読んでなくても大丈夫です。

毎回、○ページから○ページまでと範囲を決めて、ディスカッションを行います。

前もって、その日の読書会でディスカッションする箇所をお伝えしますので、最低限その箇所は目を通しておいて下さい。

読書会の中では、読んだ感想もお聞きしますし、参加者同士の対話の時間もあります。

本書の内容に関するご質問にもお答えします。

参加して下さった方々には、コーチングや人間ついての一段深い理解を得られる機会になるでしょう。

コーチングに興味がある方なら、コーチとしての活動の有無やコーチングの学習歴は問いません。

ぜひ、この機会にご参加ください。

 

コーチングハンドブック読書会参加者の感想

今回が3回目の参加でした。
ひとりで本を読む、何倍もの気づきがあります。他の皆さんの感想や質問がとても新鮮です。今回は、お一人の方から出たテーマについて、皆さんが質問やフィードバックをする時間がありました。
私はその方と同じ課題を抱えていたので、客観的になれませんでした。そのことをシェアした時に赤木さんから「コーチは、共感しながら同時に、客観的な視点をもってクライアントに関わるんですよ」と教えて頂いたことが、とても印象に残っています。
バランスよくクライアントに関わるということを、改めて教えて頂きました。
ありがとうございました。

 

脱同一化の気づきをクライアントに寄り添いながら提供できるようなセッションは、赤木さんのおっしゃるように大変な技能だなぁと改めて認識するとともに、挑戦しがいのあることであると思いました。ありがとうございました。

 

読書会の時に、自己紹介後少したってから、皆さんの会話は聞こえるのですが、自分の声が入らないトラブルが起きました。
そのことが気になり戸惑いましたし、皆さんの会話も耳に入らなくなりましたが、「しかたない、今日はこういう日なんだ」と思い、皆さんの会話に集中することができるようになりました。
最後になって音声が入るようになりました。その時にこの体験をお伝えすると、あっきーさんが「同一化と脱同一化の両方を体験されたのですね。」と言われました。あ、本当にそうだ!と腑におちました。
まさに、読書会のテーマを身をもって体験しました。
この読書会は、読書会の前から、最中から、読書会の後も気づきが起きて学べる場だと思います。

 

コーチングハンドブック体験談 コーチングハンドブック読書会

他にもたくさんの感想をいただいております。(51名分)

詳しくはこちら

 

 

 

こんな方にオススメです

  • コーチングハンドブックを読んだ他の方の感想を聞きたい方
  • コーチングハンドブックをもっと深めたい方
  • コーチングセンスの磨き方を知りたい方
  • Doing(手法)だけでなくBeing(あり方)にも興味がある方
  • Art of Coachingが提供しているコーチングに興味がある方

 

コーチングハンドブック読書会(オンライン・対面)詳細

オンライン

2018年3月までの開催分は全て終了しました。
4月以降、開催が決まり次第、本サイトにてお伝えします。

 

対話会形式

次回開催が決まり次第、本サイトにてお伝えします。

 

※ 2017年6月より4回にわたり、神戸市民大学で読書会を開催しました。
神戸市民大学の岩田和美さんが都度、読書会についての感想をブログで紹介して下さっています。
対面での読書会の雰囲気が分かります。参考までに御覧ください。

なお、神戸市民大学では岩田さんが講師となり、9月以降もコーチングハンドブック読書会を開催しています。
こちらの読書会の予定とお申込みは、神戸市民大学のサイトにてご覧ください。

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 2016 株式会社ファインネットワールド All Rights Reserved.