お客様の声

Customer's Voice

コーチのための勉強会

M.Sさん(女性)

複数回参加しております。何回来ても学びがありますね!今回の一番大きな学びは、意識する、しないに関わらず、自分の持っている基準があり、その基準で勝手に凹んでいたことに気付きました。基準は作り直そうと思います。また、ご一緒した皆さんの悩みは、私も感じていたことで、それをお聞きしているだけで、自分の悩みは「磨いていこう」「学び続けよう」という姿勢に変化しました。本当に来てよかったです。ありがとうございました。

Y.Yさん(女性)

勉強会での学びで一番心に残っていることはコーチングセッションを知人に頼むときのアドバイスです。私も「頼んでいる」という立場で、深く聞くことや、要望することに抵抗がありましたが赤木さんにクライアントオリエンテッドの考え方を教えて頂き、腑に落ちました。クライアントの立場になるこの考え方は上記以外でなく、集客にも当てはまり私は一番大切なことをわかっていなかったので勉強会に参加して、本当に良かったです。

H.Tさん(女性)

「コーチとして仕事をしていくためにどうしたらいいのか」にとらわれていることに気がつきました。自分視線で考えていて、クライアントさん主体から離れていることに気が付きました。簡単にこうしたらいいというものがないのはわかっていたのですが、クライアントさんの立場からどうしたらいいか考えるが一番の近道だなと思いました。本質をついて、話しが深まる感じでいろんなことを考えさせてもらえました。

N.Sさん(女性)

自分で出した議題について、たくさんの方から意見をいただき、気づいていなかった自分の現状、視点、マインドについての示唆をもらえました。また、具体的な行動についても色んな意見をいただき、自分がしたいやり方を選択したり、考えるきっかけをいただきました。

さらに、他の方が出された議題についても、赤木さんが一般化してお話ししてくださるので、「その疑問は私にもある!」と、身を乗り出して聞きたくなることばかりでした。

コーチングを習ったメンバーだからこそできる、濃密でフラットな場があり、また、赤木さんの豊富な経験から出されるホールド感、普遍化の能力あっての、素晴らしい時間でした。途中で退席してしまいましたが、次回は全部受けに行きたいと思います。

H.Nさん(女性)

感覚を言語化することについて、またコーチングでどこまで何ができるのか、そんなテーマを皆さんで話をする中で、考え方や理解が深くなり、とても面白かったです。経験年数やどの現場でコーチングをやっているのかなど、それぞれが本当に様々で、それぞれが素晴らしいリソースを持っているからこその学びでした。

印象に残っているのは「相手の中にダイブする→今、相手の中で何が起こっているのかだけを感じる」「クライアントに投げるのは圧縮ファイル!その時ピンとこなくても、ファイルをひらくのはその時々人によって違ったり、時が違う。だからわからなくても持っていたらいい」「クライアントを何とかしたい、助けたいと思ったら上手くいかない」「コーチは恐がっていい。その恐さを大切にしていい」そしてやっぱり、赤木さんが言われていた、「上手くいく時は相手に向いている時、上手くいかない時は自分に向いている時」これが全てだなと帰りには思っていました。

コーチ達との新しい出会いもとても楽しく、連絡先を交換させてもらったり、Facebookでつながらせて頂いたりしました。とても充実した時間をありがとうございました!

TOP
Copyright © ファインネットワールド All Rights Recerved.