お客様の声

Customer's Voice

ガイドブック

M.Tさん(男性)

人は本来の自分に気づき、本来の人生を生きる。自信をもって、気づいたことにチャレンジして、楽しいこと辛いことを受け入れていく道のり、プロセス、これがミッション。改めて、その変化に応じた向き合い方が必要と感じました。

H.Hさん(男性)

まだ3分の1くらいしか読めていないのですが、最初の「クライアントファースト」を読み終えたあと、社内で実施している「1on1ミーティング」で社員ファーストに置き換えてみました。
じっくり傾聴し、気になったところを社員になぜそうなったと思うかを自問自答してもらうようにすると、今までの私のアドバイスより、彼らに気づきを感じさせられたように思います。

西の幸子さん(女性)

とても不思議な本でした。正直、感想とか何も言葉が浮かんできませんでした。何が起こったのか、自分でもわからず、放置しておりました。言葉が出てこないので、身体感覚はどうなんだろう?と観察してみたら、波形が揺れていない感じがしました。書いてある事に、通常なら、「そうそう!そうよね。」とか、「なるほどね!」という反応があるはずなのに、とてもニュートラルな感じがしました。これは、赤木コーチの意識を読んでしまったのか?いまだに謎ですが、ざわつかず読んだ本は初めてでした。もちろん、書いてある事が、自分に可能か不可能かと考えると、きゅっと縮こまる感じはありました。その点は、ざわつきはあります。とりとめのない、感想で失礼しました。やっと言葉に表すことが出来ました。

T.Nさん(男性)

クライアントファーストということだ最も大事だと思いました。

私自身、人のサポートをする仕事をさせていただいていますが、自分自身に焦点が当たっているときはうまくいきません。

常に、相手のために、と焦点を当てていくように、自分の意識をトレーニングすることが大切だと思いました。

たっくんママさん(女性)

コーチングを学びだして数年が経ち、私もコーチになってみようと決めて進み始めて3ヶ月。実際にクライアントさんをセッションする練習が始まりました。

受講するのと実際にコーチになるのでは当たり前ですが全然違い、セッションの流れの組み立てやクライアントさんの思いの扱い方。クライアントさんに意識が向かず問題に視点が行ってしまい迷走してしまうことも多々。自分が練習で体験したことをふまえて、こちらのガイドブックを拝読しました。

文章化されていることで自身の課題に落ち着いて向き合うことができ改めてクライアントファーストの意識はとても重要と気づかせていただきました。ありがとうございます。

TOP
Copyright © ファインネットワールド All Rights Recerved.