お客様の声

Customer's Voice

コーチのための勉強会

I.Aさん(女性)

・コンフォートゾーンに止まりたい気持ちと外に行きたい気持ちこの両方のエネルギーが葛藤である。
・自分の為は趣味といい、人の為は仕事という。
正にコーチングは人の為の仕事だと思いました。

O.Hさん(男性)

コーチングの良さを人に伝えることは大変だと感じていましたが、そもそも誰に対して何をしたいのかが最近曖昧になっていたことに気付かされました。
またいくら問題解決に偏ってはいけないとはいっても本質的に人生は問題を解決していくことと気付かされ、コーチングを行ううえで方針の立て方が少し楽になったように思います。

S.Eさん(男性)

懐かしくも原点の在り方そのままのコーチに触れたく、伺いました。
そのままで、実直な人柄と在り方をきちんと一貫して(誰かと接している最中)とっていらしたのがとても印象的でした。

K.Aさん(女性)

最初正直、自己開示に抵抗があったのですが、場の力と赤木さんのおかげで、思っていることを話せました。在り方が場を作る、そんなことを思いました。
やっぱりコーチングとは素晴らしい。続けてきてよかったし、これからもコツコツ続けようと思えたこと。
クライアントファースト、ここから離れた時自分自身が苦しくなるのだと思いました。

I.Sさん(女性)

「誰にためにコーチングをしたかったの?」とううコーチとしての原点にかえって考えられただけでなく、ひとりの人間としてどんな使命を果たしていきたいか、とてもシンプルに分かりやすくお話くださいました。コーチ歴や立場も様々で、このばに居てよいものかドキドキしていましたが、悩んでること、感じていたことは同じで、同じ時間・空間を共有できたことがとても貴重で有り難く感じました。

TOP
Copyright © ファインネットワールド All Rights Recerved.