お客様の声

Customer's Voice

コーチのための勉強会

T.Kさん(女性)

コーチングを知らない方にどんな風に伝えるか、先輩方のリアルなお話しが聞けて、早速自分なりのパターンを考えて使ってみたいと思います。

それと並行して、目の前のクライアントさんが、コーチングを受けて変わっていかれる姿をイメージしながらお話しすることにも取り組みます。

自分の意思を持つ事について、私の場合大事な決断は自分でするようにしていますが、お話しを聞いて、少しずつその範囲を広げていきたいと思いました。

大変勉強になりました。

O.Rさん(女性)

  • 自分がコーチを名乗ることの恐怖心は必要なものであること。
  • クライアントとの一定の距離感の必要性
  • 目の前の課題であっても、もっと大きな目標であってもどこから扱うのかは、結局コーチとクライアントとの信頼関係の中からつくりあげていくものだという感覚。
  • またそういう姿勢が周りに伝わるためにもコーチは人として磨き続けていくものだということ。

H.Eさん(女性)

コーチングを学んだ事で、視点が広がり、家族との対話がふえたことを伝えていきたいと思いながら、その為には、今後どうしていけばいいのか。整理収納と、家族関係のコーチングの融合をどうしていくか、ずっと探している状態です。とにかく、勉強会に参加して、何か、課題や気づきが得られればと思いました。「どこまで学んだらコーチなのか」、参加された方の質問を聞いて、まさにここが自分の中で、知りたかった事なんだと思いました。

改めて、自分の思っている事を的確に言葉にするのが難しいと感じていますが、他の人からの言葉によって気づかせていただけるのが、複数人の勉強会の良さだと改めて感じました。

コーチは、生き方。自分の興味のある場所に行けば、自分の会いたい人に会えるという事に納得しました。自分にとっての、貢献、本質を知るを知り、お客様にどうなってもらいたい?どのように貢献するのか?という問いを持ち帰りました。それを知るにはどうすればいいのか?

今考えているのは、とにかくやろうと思っていることを、実際に行動してみることから見えてくるのではないかということです。整理収納のお仕事をしてきて、自分が提供したいサービスの客様像が時間と共に随分と変わってきました。そして、今の自分の意識レベルにあったクライアントさんへの対応ばかりを意識していましたが、そうではなく、そこをベースにお客様に合わせた柔軟が対応が大切なことに気づきました。

 

Y.Yさん(女性)

整理収納アドバイザーとして、お客様のモノの整理をサポートしています。

参加する前は、どうしたらお客様がやる気をだしてくださるのか?のヒントを得られればと思っていましたが、参加して気づきや学びがたくさんありました。

光のスポットをどこにあてるか。広くあてるのか、狭くあてるのか。私は狭いよりも広くあてる方がいいのかと思っていました。狭い広い、上下など言葉のイメージでジャッジをしてしまいがちで、広くも狭くも、長くも短くも、自由自在に動けることが大事なんだとわかりました。

お客様がどうしたらやる気が出るかということも、大きく光をあててなんとかしようと思っている私がいました。小さく光をあてたり、角度をかえたり、時間をかけたりしてお客様に寄り添っていけばいいんだと思いました。答えはお客様の中にあるんですよね!
ありがとうございました。

次回も楽しみにしています。

T.Kさん(女性)

スクールが終わって1年と少し、コーチではないバーターのクライアントさん1人を継続でさせていただいていますが、一体何処へ進んでいるのか?迷走しています。
クライアントさんをもうお一人探したいと思ってはいるものの、今後どうしていったらいいのかもわかりませんでした。

勉強会に参加して、皆さん同じような順番で悩むんだなと言うこと、誰一人として悩みのない人はいないと言うこと。最も自分自身のことがわからないことを再認識しました。

上と下どちらが良いかの話については、業界が変わっても根本は同じだなと思いました。

今、自己紹介も含めて、自分を表現することに取り組んでいます。
話すことで、少しずつですが手放せていっているのを実感しています。

自分はやはり対面が好きだなと再認識しました。音声だけでは得られない安心感とヒラメキがあると感じました。

人に関わる仕事をしているすべての方に、この勉強会をオススメしたいです。

TOP
Copyright © ファインネットワールド All Rights Recerved.