お客様の声

Customer's Voice

メンターコーチング

大澤 貴子さん コーチ&研修講師

コーチングを受けて、どんな成果がありましたか?

独立するという大きな環境の変化を実現し、ここまでやってこれました。コーチがいたから心強かったです。

リーダーシップ研修や講座、セミナーを、自分なりに一生懸命取り組み実施できました。

講座に参加された方の中から、コーチングを続けて学びたい方の会、「チーム59」を作りメンバーができました。

知人2人と共に(女性が明るく前向きに、元気になるための会)「美会」をスタートさせました。

コーチングの学びを深められました。自分がクライアントとして体験する中で、様々なスキルやセッションのもっていきかたを学びました。

また、クライアントさんとのセッションの内容をあっきーさんに聞いていただいたり、あっきーさんをクライアントにコーチングをすることで、フィードバックをもらい自分自身のセッションを振り返ることができました。

プライベートでも・・・ ずっと気になっていましたが、後回しになり始めていなかった運動とブログを始めました。

家計簿をつけ始め、収支を考えた生活になりました。

エレクトーンの発表会で緊張感を楽しんで弾くことができました。

あっきーさんとのセッションを通じて、「仕事もプライベートも両方充実!!」をモットーにしていた私らしさを再確認できました。

コーチングを受ける前と今とでは、どんな違いがありますか?

コーチング受講前は、あせり、不安感、自信のなさがありました。独立を選んで本当に良かったのかと思うこともありました。また、~ねばならないのにできていない自分を過小評価していました。

今では、自分の成果やいいところが感じられるようになり、あせる気持ちがなくなってきました。

「自信がない」という言葉をいつからか言わなくなりました。

やりたいと思っていた講座や研修、セミナーを実施できた達成感があります。

今の生活のメリットを感じ、毎日の生活の中で幸せや喜びや満足感、感謝を味わっています。

思うようにいかなくてもがんばる自分、振り返って反省もする自分、ありのままの自分が好きになり受け入れられるようになりました。

独立したことが良かったかどうかは、これからの自分次第だと思いますし、今言えることは、少なくとも間違いではなかったということです。

コーチングを受ける中で、どんな気づきや学びがありましたか?

以前の自分は、早くコーチ業1本にしぼらないと良くないと思っていました。仕事を2つもっていることを、内心、他者に話しにくいと感じていました。

現在は、「以前はコーチングを学んでいる看護師でしたが、今はそのバランスやボリュームを変え、病後児の看護もちょこっと楽しんでいるコーチになりました!!欲張りな私です!」と自信をもって自己紹介をしています。

こんな生活もありだとわかったからです。そして、今の自分には、今の生活の選択がベストだと気付いたからです。(でも何年か先には、違う生活を選択しているかもしれませんが・・・)\(^o^)/

これからもコーチングやNLPを学び続けていきたいと思います。自分の経験や体験を活かし、部下や従業員をお持ちの管理職や店長の方に加え、自分に自信のない方や過小評価をしてしまう方、またサーティファイドコーチとしても、コーチングを学び始めた方々をサポートしていきたいと思います。

自分がコーチとしてやっていきたい分野やウリにしていきたいことが明確になってきました。

クライアントを増やすというのはただ営業すれば良いというものではないと思いました。自分自身の状態が整い成長したら、クライアントは引き寄せられる。それがあっての営業だと思いました。

プロとしての在り方についても考えさせられました。これからもフィードバックをどんどんもらい、成長していきたいと思っています。

その他、自由にお書きください(コーチの印象etc)

ICFのコーチからコーチングを受けるというのは恐れ多いという気持ちもしていましたが、あっきーさんとのセッションは、そんな距離感も全く感じず話しやすかったです。

しかし、豊富な体験談や知識の部分で、時にはアドバイスやフィードバックがもらえたり、質問で気づかされることが多く、さすがだな~と感じました。

また、セッションの時間の中だけでなく、セッションが終わってからも考えさせられ、ず~っとコーチングが続いているような気がしました。

月に2回でしたので、その2回の間に、「今、コーチングしてほしい~」と次のセッションまで待ちきれなく感じることがありました。

中村 郁視さん プロコーチ&研修講師

メンターコーチングを受けて、どんな変化や成果がありましたか?

そうですね。得られたものはすごく多くって。 今日のこのためにどうやってまとめようと思ったくらいなんですよ。

一番大きな成果が何だったのかと言われたら、具体的なことで言うと、赤木さんとのメンターコーチングを始めた頃って、まだサラリーマンをやっていて、会社を辞めようかどうかって考えてた時だったんですね。

どうしようかなと思っていたときにはじめてメンターコーチングを始めてもらって、「ひょっとして自分はやっていけるかもしれない」と自信を持てたことですかね。

「やっていけるかもしれない」というのは? コーチとして独立する、ということですね。

今まで大学を出てからずっとサラリーマンをやっていたわけですけれども、これまで安定した給与の収入を得ていたので、大変な思いをしているというイメージしかなかった自営業者に自分がなるというのは、そもそも思い浮かばなかったことですから。

それがコーチングを受ける前の状態です。

その状態から赤木さんのメンターコーチングを受けて、赤木さんという幸せな自営業者がいるんだということを知って、自分が自営業者でやっていくこともできるんだという自信を持つことができたというのが、メンターコーチングを始めて一番大きく変わったところですかね。

今、会社を辞めてから一年三ヶ月くらい経つんですが、曲がりなりにもやっていけているというのを見れば、独立して良かったなぁと思いますね。

そういう自信が感じられるようになったのは、コーチングを始めてからどれくらいたったときでしたか?

一ヶ月くらいじゃないですか。

他にはどういう成果や学びがありましたか?

独立してやっていけているというのが大きな成果ですし、赤木さんからすごく学んだというのはコーチングのプロセス、スタンス、スキルなんですよ。

やっぱりうまい人から自分がセッションを受けて自分がこんな風にやれば いいんだと実際に自分が体験しながら学べたのは、机で学んだのとはもう一つ別に必要だと思うんです。

それって両輪だと思うんですよ。 机の上では体系的なことは学べるんですけど、実際にどういう風にやるのかって実際に自分が受けてみないとなかなか学べないと思うので、ある意味、赤木さんからコーチングセッション受けることによって自分のコーチングのレベルが短期間ですごく上がったなと思うんですね。

赤木さんならどんな風に考えるだろうと、ある意味、コーチをモデリングしながらクライアントさんと接すれば、クライアントさんも自分も満足できるようなセッションというのが短期間のうちに出来るようになったというのが大きいですね。

TOP
Copyright © ファインネットワールド All Rights Recerved.